MENU

facebookと普通の出会い系との違い

出会い系と言っても色々な種類の出会い系があるので、今回はポイント制とFacebookの出会系の違いについて見ていきましょう。

 

登録時の違いは?

ポイント制出会い系には、登録に必要な条件は基本ありません。
ですが、Facebookの出会い系の登録には、友達が10人以上いるアカウントでなければ登録することが出来ません。

 

Facebookを使っていない人にとっては不便に感じてしまうかもしれませんが、この条件があることによって、悪質なユーザーが紛れ込みにくいのです。

 

では、Facebookを使っていな人は使うことが出来ないのかというとそういう訳ではありません。
Facebookには「友達コミュニティ」という物があり、それに参加して友達リクエストをすると、比較的簡単に友達10人を作ることが出来ます。

 

登録料については、どちらも男女無料で登録することが出来ます。

 

 

年齢確認の違いとは?

利用するために年齢確認が必要なのは、ポイント制とFacebookも同じです。
これはインターネット異性紹介事業に対して法律で定められているからです。

 

ですが、年齢確認にも少し違いがあり、身分証の氏名を出すか、出さないかという所です。

 

ポイント制の場合→生年月日、証明書の種類、発行者の3点で、氏名を出す必要はありません。

 

Facebookの場合→生年月日、証明書の種類、発行者の3点にプラスして氏名も提示しなくてはいけません。

 

氏名を提示するのは、身分証の使い回しが出来ないようにするためです。
使い回し出来ないようにすることで、業者が紛れ込まないように防止しているのです。

 

身分証の提示に抵抗があったり、面倒だなと感じる人は、クレジットカードでも年齢確認することが出来るので、おすすめです。これはどちらでもすることが出来ます。

 

 

料金体系の違い

ポイント制→ポイントを事前に購入して、プロフィールを見たりなど、何かをするごとにポイントが消費される仕組みになっています。

 

プロフィールを見るのに10円、プロフィール画像を見るのに10円、メール1通送るのに50円かかります。

 

 

Facebook→「いいね!」を送り、相手からも「いいね!」が返ってくるとマッチングが成立して、メッセージのやり取りが可能になり、2通目以降やり取りをするためには、有料会員になり、ここで初めて課金されるような仕組みになっています。

 

 

料金は定額制になっていて、1ヶ月プランだと月額3480円、3ヶ月プラン月額2480円、6ヶ月プランになると月額1980円、12カ月プランでは月額1480円です。
プランの中で人気のプランは、6ヶ月のプランです。

 

定額制なのでプラン料金だけ払っていれば、プロフィールを見るのも、メールを送るのも使い放題なので、よく使う人にはかなりリーズナブルでおすすめです。

 

女性はどちらも無料で使うことが出来ます。

 

 

利用者層の違い

ポイント制は、20代〜30代前半の人が多く利用していますが、Facebookはポイント制よりも少し低いです。

 

ですが、Facebookは、写真掲載率が非常に高いのが特徴で、安心感がある反面、顔がしっかりわかるような写真を載せないと、マッチング率は下がってしまいます。ということは、見た目重視という訳です。

 

年齢層が低い分写真掲載率が高く、40代以上の人はポイント制の出会い系より出会いにくい傾向にあるので、この部分はFacebookの出会い系の弱点でもあります。

 

またポイント制は基本的には真面目な出会い専門なのです。

 

このようなことから、出会い系を使うのに抵抗があった人も、Facebookの出会い系なら使うという男女が増えています。

 

 

まとめ

 

このようにポイント制とFacebookの出会い系には、これらの違いがありました。
Facebookの出会い系は、業者が紛れ込みづらい点と、真剣な出会いを求められる点、定額制でリーズナブルに使うことが出来る一方、見た目重視の人が多いため40歳以上の人は、向いていません。

 

違いを参考に、自分の目的に合っている方を使うようにするといいでしょう。

メニュー

このページの先頭へ